グーグルアドセンスからの警告と解決

グーグルアドセンスを利用しています。

大切な収入源のひとつですが、おととい管理画面を見たら赤い文字で警告メッセージが出ていました。

グーグルアドセンスの管理画面のキャプチャーをとることまでそのときは頭が回らなかったのですが、警告はメールでも来ていました。


「Adsense のプログラムポリシーに準拠していないサイトがあり、その結果、そのウェブサイトへの広告配信が停止されていることをお知らせします。」

指摘されたのはSo‐Netブログ(無料)で作ったブログ。

ソーネット無料ブログ3つに対して警告が来ました。

 

実は、グーグルアドセンスからの警告は今回が初めてではありません。

グーグルアドセンスポリシーの「特定サイトへの誘導」などで過去何回か警告を受け、そのたびに修正。

今回3通警告メールが来て

「きゃーーーっ!」という気持ち半分、

「またか・・・」という気持ち半分でした。

 

ただ、今回はもう自分でもブログを作ったことも忘れていた放置ブログ。

アクセスもほとんどありません。

が、警告が来たからには修正しないと・・・

というわけで、ログインIDを探し出し、管理画面にログイン。

 


修正内容は、ブログ記事内のアドセンス広告の上に「スポンサーリンク」の表記がなかったことが原因だと思われたため、「スポンサーリンク」をコピペ。

記事数が少ない放置ブログでよかったです。

 

全部修正後、警告メールの下にある「申し立て」のURLから再審査請求をしました。

すると翌日、

「・・・慎重に確認させていただいた結果、このサイトへの広告配信を再度有効にしました」

とメールが来て、ほっと一安心。

 

数年前に更新を放置したブログなので放っておいてもいいやー、という発想は危険です。

グーグルからの警告を無視し続けると最悪の場合、アカウントが停止され、今現在更新しているブログのグーグルアドセンス広告も表示されなくなることがあるかもしれません。

 

グーグルアドセンスポリシーについて助言いただいたみなさま、ありがとうございました!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| ブログのこと |

前の記事«

次の記事 »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

QLOOKアクセス解析

プロフィール

八木ラボ研究員のむつきです。神奈川県横浜市のアラフォー。ブログを書いたりしています。詳しいプロフィールはこちら→管理人プロフィール

広告

ASP一覧

日本最大級のASP
A8.net
バリューコマースだけの広告主も多いのでチェック
バリューコマース
スマホ対応しているなら!クリック課金型広告

有名広告主多数・リンクシェア
リンクシェア リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ドロップシッピングも同時に登録可能
もしもアフィリエイト
ユニークな広告主が多い大阪本社のASP
イークリック アフィリエイトならイークリック

アンケート作成ツール