ブログを書くときに気をつけている5つのこと

ブログを毎日更新していますが(いくつかのブログです)、ブログの書き方のような教科書はありません。
dog_cute_r2_c11初めてブログを書いてから早8年。

アクセスして読んで下さった方が不愉快な思いをされないよう、自分なりに決めて守ってきたブログを書くうえで注意しているルールを5つにまとめました。


1:政治・宗教については書かない
わざわざ書くこともないかと思いましたが、念のため。

飲み屋さんでの会話と同じです。

思想信条は自由なので、私は「書かないこと」を選んでいます。

 

2:人名には敬称をつける

芸能関係のネタや書籍を紹介するときの著者名、スポーツ選手や有名人など人名は呼び捨てにしないように気をつけています。

マスメディアが呼び捨てにしていたとしても、ご本人やご家族、友人、ファンの方々は不愉快な思いをされるかもしれないと思うからです。

「さん」、「さま」、あるいは「(敬称略)」などと表記しています。

 

3:絵文字・顔文字はできる限り使わない

絵文字や顔文字は積極的に使っていらっしゃる方もいます。

文字では伝わらない微妙なニュアンスを伝えるためには便利な記号だと思います。

ただ、私は、次の2つの理由で使わないようにしています。

・絵文字は一部の端末機種では対応していないこと

・対象年齢層が幅広いこと

私の親は顔文字の意味がよくわかっていません。

「涙目」を表している半角T文字をそのまま「ティー」と解釈してしまいます。

顔文字を使いたい衝動に駆られることは多いですが、そういうときは

(笑)、(苦笑)、(汗)などでごまかしています。

 

4:ですます調で文体をそろえる

ブログ記事タイトルや小見出しはともかく、本文はですます調で書くようにしています。

「である」調は技術的な記事にはあうと思いますが、私が書いているレビューブログにはあわないと思うからです。

 

5:PCから届く位置に国語辞典を常備

ブログの更新はデスクトップパソコンから行っています。

あやふやな漢字も入力すれば変換してくれますし、同音異字の場合も簡単な意味は勝手に表示してくれます。

便利ですよね。

ですが、一度誤変換すると、そのまま誤変換した漢字などが第一候補として出てくる危険性もあります。

思い込みによる日本語の使い方の間違いは平均寿命の半分ぐらい生きていてもまだまだあります。

そんなときはやはり紙の国語辞典が強い味方です。

 

上記5つのブログを書くルールは、あくまで私の場合です。

ブロガー(ブログを書く人)それぞれに自分のスタイルがあると思います。

文体や単語の使い方などがブログ全体を通して一貫していると読みやすいかな、と思う今日この頃でした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| ブログのこと |

前の記事«

次の記事 »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

QLOOKアクセス解析

プロフィール

八木ラボ研究員のむつきです。神奈川県横浜市のアラフォー。ブログを書いたりしています。詳しいプロフィールはこちら→管理人プロフィール

広告

ASP一覧

日本最大級のASP
A8.net
バリューコマースだけの広告主も多いのでチェック
バリューコマース
スマホ対応しているなら!クリック課金型広告

有名広告主多数・リンクシェア
リンクシェア リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ドロップシッピングも同時に登録可能
もしもアフィリエイト
ユニークな広告主が多い大阪本社のASP
イークリック アフィリエイトならイークリック

アンケート作成ツール