MTテンプレートキングのトップページで次ページ処理をする方法

八木ラボもそうですが、WP(ワードプレス)やMTOS(ムーバブルタイプ)のテーマ(テンプレート)は無料で配布しているテンプレートキングを使っています。

ただ、テンプレートキングのビジネステーマだとブログとは違いトップページ(index.html)に新着記事を掲載するためには、個別記事のタグ欄に「トップ表示記事」と掲載しなければなりません。

ブログサービスのように、トップページの下に次のページへ、というのができないか思案していたところ、できました。

MT次ページ処理

 

参考にさせていただいたのは、

【MovableType】一定数の記事ごとにページを分割する | blog.remora.cx

小粋空間: Movable Type 4.3 の新機能(スタティックページのページ分割)

です。

 

ただ、両方ともテンプレートキングのテーマを使う場合とは少し異なるので、異なる点を書いておきます。

モジュールを2つ新規作成するまでは同じです。

その後、「インデックステンプレートの編集」で

<$mt:Include module="Search Pagination"$>
<mt:Entries limit="$entries_per_page" search_results="1">
<$mt:EntryTrackbackData$>
<$mt:Include module="エントリー概要"$>
</mt:Entries>
<$mt:Include module="Search Pagination"$>
とあるのですが、テンプレートキングには「エントリー概要」というモジュールがありません。
あるのは、「ブログ記事の概要」です。
内容は同じなので、上のソースを書き換えて貼り付けます。
<$mt:Include module="Search Pagination"$>
<mt:Entries limit="$entries_per_page" search_results="1">
<$mt:EntryTrackbackData$>
<$mt:Include module="ブログ記事の概要"$>
</mt:Entries>
<$mt:Include module="Search Pagination"$>
さらに、このソースだとブログのヘッダー下にも
1、2、3、次のページへ・・・
と表示されるので、一番上の行、
<$mt:Include module="Search Pagination"$>
を削除しました。
これで、無事にトップページからの次ページ処理が終了。
個別記事を書くたびに、タグ欄に「トップ表示記事」と挿入しなくてよくなりました。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| MovableTypeのこと |

前の記事«

次の記事 »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

QLOOKアクセス解析

プロフィール

八木ラボ研究員のむつきです。神奈川県横浜市のアラフォー。ブログを書いたりしています。詳しいプロフィールはこちら→管理人プロフィール

広告

ASP一覧

日本最大級のASP
A8.net
バリューコマースだけの広告主も多いのでチェック
バリューコマース
スマホ対応しているなら!クリック課金型広告

有名広告主多数・リンクシェア
リンクシェア リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
ドロップシッピングも同時に登録可能
もしもアフィリエイト
ユニークな広告主が多い大阪本社のASP
イークリック アフィリエイトならイークリック

アンケート作成ツール